黒田杏子といとうせいこうが選ぶ「平和の俳句」 作品募集

トップ > 平和の俳句 > 入選作品一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

入選作品

満州のペチカで焼かれ雛哀(ひなかな)し

2016年3月3日

 枝松恭子(やすこ)(78) 東京都品川区

 <黛まどか>引き揚げの際にあった様々(さまざま)なことが、燃える雛に仮託されている。

 <金子兜太>敗戦後、旧満州から引き揚げてきたご苦労を句に。「雛」に母子の万感あり。

 
インターネットでの投稿はこちらから