黒田杏子といとうせいこうが選ぶ「平和の俳句」 作品募集

トップ > 平和の俳句 > 入選作品一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

入選作品

母の香や戦火逃れし雛(ひな)飾る

2016年3月10日

 田中和子(87) 東京都狛江市

 <黛まどか>戦火を逃れて残った雛には、母の匂いが染み付いている。戦時下で泰平の世で悲喜交々(こもごも)を共にした雛と母。雛は母であり、母は雛である。

 
インターネットでの投稿はこちらから