黒田杏子といとうせいこうが選ぶ「平和の俳句」 作品募集

トップ > 平和の俳句 > 入選作品一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

入選作品

壕(ごう)を出てこの世のあくび草いきれ

2016年3月23日

 広瀬昭和(のりかず)(76) 愛知県みよし市

 <いとうせいこう>蛙(かえる)も蛇もあるいは私たちも、こうして平和を謳歌(おうか)したいのだ。

 <黛まどか>無事壕を出た作者を抱き留めたのは草いきれ。命の実感。

 <金子兜太>戦争のときの防空壕の暑苦しさ辛(つら)さ。二度とあんな思いはしたくない。