黒田杏子といとうせいこうが選ぶ「平和の俳句」 作品募集

トップ > 平和の俳句 > 入選作品一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

入選作品

一日の稼ぎわずかや新茶飲む

2016年6月22日

 大久保昇(49) 東京都文京区

 <いとうせいこう>厳しい生活の中であっても、ひととき新茶をいれる。その安らぎ。

 <中江有里>よく働いた自分へのご褒美に新茶。これこそ最高の贅沢(ぜいたく)です。