黒田杏子といとうせいこうが選ぶ「平和の俳句」 作品募集

トップ > 平和の俳句 > 入選作品一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

入選作品

シベリヤよ父の遺骨は骨太で

2016年7月24日

 遠山槇子(74) 岐阜県中津川市

 <金子兜太> 米軍捕虜一年余のあと南から帰国し、シベリア抑留の、南に比べてのあまりの過酷さを知り呆(あき)れた。骨太の遺骨の耐えた日々を思う。

 
インターネットでの投稿はこちらから