黒田杏子といとうせいこうが選ぶ「平和の俳句」 作品募集

トップ > 平和の俳句 > 入選作品一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

入選作品

立山がじっと見ていた大空襲

2016年8月11日

 辻本直子(48) 金沢市

 <いとうせいこう>ご父君の少年時代の話。山が見ていたという感覚は実にリアルだ。

 <金子兜太>敗戦直前、B29百七十四機により富山市は焼き尽くされた。その地獄を知る人の俳句。

 
インターネットでの投稿はこちらから