黒田杏子といとうせいこうが選ぶ「平和の俳句」 作品募集

トップ > 平和の俳句 > 入選作品一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

入選作品

戦争が死語になる日を待っている

2016年10月31日

 清水和弘(64) 東京都日野市

 <金子兜太>戦争が死語どころか、のさばりかえっている。わが国の憲法は、国際紛争を解決する手段として、戦争と武力を永久に放棄したはず。