黒田杏子といとうせいこうが選ぶ「平和の俳句」 作品募集

トップ > 平和の俳句 > 入選作品一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

入選作品

死にかけた手術を終えて平和の詩

2017年1月22日

 手塚立夫(70) 千葉県八街(やちまた)市

 <金子兜太>二カ月半入院して大手術し「すべてが備わった病院でも死ぬ思い」をし、これが「戦場だったら」と恐ろしくなったという。平和を!!

 
インターネットでの投稿はこちらから