東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

海産物の生産自粛 セシウム減で解除 県内ゼロに

 県は、放射性セシウム濃度が自主基準値(一キロ当たり五〇ベクレル)を安定的に下回ったとして、県中央海域(東海村−大洗町沖)のクロメバルと南部海域(鉾田市−神栖市沖)のキツネメバルの生産自粛を十日付で解除したと発表した。県内の海産物の生産自粛は、すべて解除になった。

 霞ケ浦などのアメリカナマズ、利根川の境大橋(境町)から下流のウナギは、国による出荷制限が続いている。 (酒井健)

  

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by