東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

春告げるオレンジの炎 渡良瀬遊水地「ヨシ焼き」新芽願う

勢いよく燃え上がる渡良瀬遊水地のヨシ焼き=栃木県栃木市で

写真

 茨城、栃木、群馬、埼玉の四県にまたがり、国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約に登録されている渡良瀬遊水地で十八日、春の訪れを告げる「ヨシ焼き」があった。

 病害虫を駆除して良質なヨシを育てるため、地元の住民が中心となって長年続けている。枯れたヨシを焼いて春の植物の芽生えを促し、豊かな自然環境を守る狙いもある。

 住民ら約五百人が午前八時半ごろから、約千五百ヘクタールのヨシ原のあちこちに火を放った。午後までオレンジ色の炎が上がり、黒煙がもくもくと空に立ち上った。

 見物客は約八千五百人(主催者発表)。神奈川県鎌倉市から来たという鈴木充子さん(70)は「一度は見たいと思っていた。来て良かった」と、盛んにカメラのシャッターを切っていた。 (吉岡潤)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報