東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

ひたちなか海浜鉄道湊線 平磯−磯崎駅間に新たに駅設置へ

湊線の新駅設置予定地付近=ひたちなか市で

写真

 ひたちなか市は、市が出資するひたちなか海浜鉄道の湊線平磯−磯崎駅間に、新たに駅を設置すると発表した。小中学校の統廃合に合わせて児童生徒の登下校の足を確保するのが目的。二〇二一年三月末までの整備を目指す。 (越田普之)

 市は、平磯・磯崎・阿字ケ浦の三地区の小中学校五校を統廃合して小中一貫校を開校する計画を立てている。これにより通学区域が広がることから、学校から百五十メートルほど西に新駅を設け、湊線を通学に利用してもらう。

 同社の吉田千秋社長は新駅について「定期利用が多く見込めるため大歓迎だ」とコメントした上で「子どもの頃から湊線に親しんでもらうメリットも大きい」と期待を寄せる。

 湊線では一四年十月に高田の鉄橋駅が開業、経営的に厳しいローカル線としては異例の新駅設置が注目を集めた。今後、終点の阿字ケ浦駅から国営ひたち海浜公園方面への延伸も計画されており、さらに三駅が新設される予定になっている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by