東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

「ガルパンギャラリー」と「まいわい市場」 大洗で27日再開

建設が進められている「まいわい市場」の仮設店舗=大洗町で

写真

 大洗町の商業施設「大洗リゾートアウトレット」に入居していた県産品販売の「大洗まいわい市場」と、町を舞台にした人気アニメ「ガールズ&パンツァー(ガルパン)」の関連グッズ販売の「大洗ガルパンギャラリー」が、町内の仮設店舗で二十七日から営業を始めることが分かった。

 まいわい市場とガルパンギャラリーは、町外からも客が訪れる人気スポットだったが、警備体制を巡ってリゾートアウトレットを運営する「八ケ岳モールマネージメント」と対立、三月七日に休業した。同十日、いったん営業を再開したものの、同三十一日に閉店して施設を退去した。

 その後、施設と道路を挟んだ向かい側の県有地を借り受け、大型連休前の再開に向けてプレハブの店舗を建設している。両店を合わせた店舗面積は約四百四十平方メートルと、閉店前の半分ほどで、扱う商品も半数程度に減らすという。

 まいわい市場とガルパンギャラリーを運営する「Oaraiクリエイティブマネジメント」の常盤良彦社長(46)によると、生鮮食品の生産者らは退去、移転に理解を示しているという。土地の使用許可は七月七日までで、その後は町内の別の場所に移転してリニューアルオープンする予定だ。

 常盤社長は「急な判断で生産者、出品者、お客、ガルパンファンの方々にご心配をおかけした。茨城をPRできるよう、心機一転頑張っていく」と意気込みを語った。 (越田普之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報