東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

ナノカー世界一へ激走 仏で初レース つくば・物材機構が参戦

物質・材料研究機構チームのナノカーの模型を示すリーダーの中西和嘉さん=つくば市で

写真

 物質を構成する原子を組み合わせて作った分子の車「ナノカー」を走らせる世界初の国際的なレースに、独立行政法人の研究機関、物質・材料研究機構(つくば市)のチームが参戦する。レースは28日、フランス・トゥールーズの国立科学研究センターで開幕し、日本と欧米から計6チームが出場する。 (宮本隆康)

 ナノカーはさまざまな元素を組み合わせた分子構造で、その名の通りナノメートル(百万分の一ミリ)単位の大きさ。実際の自動車の二十億分の一ほどで、車を地球とすると、ナノカーは野球のボールほどになる。微細な針を近づけて電流を流すと分子が振動して進む仕組みで、特殊な顕微鏡でナノカーの位置を見ながら、電流を与えて「運転」する。

 ナノカーのように分子で作られた極小の「分子機械」は、昨年のノーベル化学賞の対象になり、注目を集めている。開発が進めば将来は、血管に入れてがん細胞を攻撃することなども可能になると期待されている。今回のレースもそうした研究の一環だ。

 レースのコースは、数ミリ四方ほどの平らな金の表面にできる曲がりくねった溝で、全長百ナノメートル。実際の車が走ることをイメージすると約二百メートルの距離だが、ナノカーは極めてゆっくりと進むため、三十六時間の制限時間内に完走できるかを競う。

 物材機構のナノカーは、軸の両端にはさみの刃が付いたような形。刃の部分がバタバタと動き、ほふく前進するように進む。長さ二・一ナノメートル、幅〇・九三ナノメートルで、炭素と水素、酸素の計八十八個の原子で構成されている。

 国際的な「カーレース」とあって、各国の自動車メーカーも自国チームを応援。物材機構にはトヨタ、フランスチームはプジョー・シトロエン・グループ、ドイツにはフォルクスワーゲンが、それぞれスポンサーとしてついている。

 物材機構チームのリーダー、中西和嘉(わか)さん(39)は「耐久レースのようで、完走も難しいかもしれない。レース競技というだけではなく、分子の動きを理解する科学的な挑戦でもある」と話している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報