東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

ボンネットバス無料運行 朝ドラ「ひよっこ」撮影で使用

無料運行に使われるボンネットバス

写真

 秋の訪れを告げる「萩まつり」(一〜二十日)が、水戸市の偕楽園で開かれるのに合わせ、県は期間中の四日間、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」の撮影で実際に使ったボンネットバスを運行する。

 バスは水戸駅南口を発着点に弘道館、県立歴史館、偕楽園を巡り、各施設で三十〜六十分滞在する。運行日は二、三、九、十日。午前九時半発と午後一時半発の一日二便で、各便三十六人(事前申込制・先着順)。無料。希望者は「観光いばらき」のホームページの「お知らせ」にあるボンネットバスの運行の項目から、ダウンロードできる乗車申込書に記入し、メールかファクスで県観光物産課へ。問い合わせは同課=電029(301)3622。 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報