東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

県内海水浴客 前年の7割 44万8480人 天候不順、サメなど影響

久慈浜海水浴場に集まってきたドチザメの魚影=日立市で(7月19日撮影、県警提供)

写真

 県内十八の海水浴場に来た客は今夏(七月十五〜八月二十日)、前年より27・4%少ない四十四万八千四百八十人だった。県が発表した。減少は四年連続。雨が続くなど天候不順が大きく響いたほか、久慈浜(日立市)で小型のサメが確認された影響もあったとみられる。 (越田普之)

 県によると、全海水浴場の合計では、七月十五日からの三連休でいずれも前年を上回るなど好調なスタートを切ったが、その後は曇天が続き、客入りが落ち込んだ。三十七日の期間中、晴れは前年より五日少ない七日。さらに八月十日以降は、最高気温が三〇度を下回る日が続いた。

 個別の海水浴場でみると、十七カ所で客が前年を割り込んだ。特に、姥(うば)の懐マリンプール(ひたちなか市)と、大竹海岸鉾田(鉾田市)は前年の半分にも届かず、県内最大の大洗サンビーチ(大洗町)も約30%減少した。唯一、波崎(神栖市)だけが前年を5・9%上回った。

 久慈浜では七月十九日、県警のヘリがドチザメ約三十匹が砂浜近くを泳いでいるのを確認。日立市が防護網を設置するなど対応に追われた。数日間、遊泳禁止にしたこともあり、前年より約三千六百人少ない約一万九百人だった。

 県内の海水浴客は二〇一一年の東京電力福島第一原発事故が大きな打撃となり、百万人を切った状態が続く。県は、海開き前に放射性物質検査を実施し風評被害の払拭(ふっしょく)に努めるが、震災前の水準には及ばない。

 その上、レジャーが多様化する中、全国的にも海水浴客数は低下傾向。神奈川県の湘南など知名度が高いビーチでも、客が激減している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報