東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

今年の目標 来場者「最低2万人」 音楽と食の祭典「物産音楽フェス」水戸で16日

イベントを企画する磯山純さん=提供写真

写真

 音楽と食の野外イベント「茨城総合物産音楽フェスティバル」が十六日、水戸市の千波湖ふれあい広場で開かれる。有名アーティストらの音楽とともに、県自慢の食を体感してもらう催し。水戸を活性化するのが狙いで、昨年に続いて二回目の開催となる。(鈴木学)

 水戸市出身のシンガー・ソングライター磯山純さん(34)が、元気なく見える近年の故郷に、「にぎわいを戻したい」との思いから始めた同フェス。昨年は目標の二倍の約二万人が来場した。実行委員長も務める磯山さんは今年の目標を「最低二万人」と話す。

 今年の出演アーティストは、磯山さんのほか、一青窈(ひととよう)さんの曲「ハナミズキ」を作曲したマシコタツロウさん、アイドルの吉川友さんといった県出身者をはじめ、人気バンドのAqua Timez(アクアタイムズ)、お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳さん率いるビジュアル系バンドのjealkb(ジュアルケービー)など十三組と、多彩だ。

 飲食店エリアは、県ゆかりの食材を使う飲食店、全国の有名店など約四十店が出店する。昨年よりアーティストは一組、店舗は約十店舗増えるという。

 フェスは午前十時〜午後八時。飲食店エリアは入場無料。前売り券五千円、当日券は五千五百円。保護者同伴の小学生以下は無料。詳細はホームページで。問い合わせはメール=info@isofes.com=で。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by