東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

常総水害で救助の夫妻、2年ぶり帰郷 支えた愛犬と生活再建誓う

被災した自宅を再建した羽鳥茂さんと愛犬のリアン(手前)とボンド=常総市で

写真

 関東・東北豪雨で大きな被害が出た常総市で、流された自宅の屋根からヘリコプターで救出された五十代の夫婦と二匹の柴犬が二年ぶりに住み慣れた土地に帰った。「こいつらがいたから、乗り越えられた」。避難生活中も支え続けてくれた愛犬と、生活の再建を誓う。

 二〇一五年九月十日昼、目と鼻の先の鬼怒川堤防が決壊。羽鳥茂さん(59)夫婦の自宅は濁流に囲まれた。夫婦と二匹は二階に取り残され、やがて家屋ごと流された。「生きた心地がしなかった」。断続的に雨も降る中、命からがら屋根に逃れて助けを待った。それぞれが胸に抱いた犬のぬくもりがうれしかった。

 決壊から約三時間後、自衛隊のヘリが到着。バッグに一匹ずつ収め、一緒に救出された。

 市内の親戚宅に身を寄せ、家探しを始めた。茨城県は県営住宅などを提供していたが、ペット連れで入居できる部屋は少なく難航。市の協力で、隣接する下妻市の民家に落ち着くことができた。

 救出劇はテレビやネットで広がり、各地からドッグフードや寄付金が届いた。「小学生がなけなしの小遣いを送ってくれ、人の情けを感じた。ありがとうと伝えたいです」と茂さんは目に涙を浮かべる。一方で、「被災したのはうちだけじゃないから」と複雑な思いも抱え続ける。

 「生まれ育った土地に帰る」との一心で自宅を再建し、八月に戻った。東日本大震災の年に生まれた雄のボンドと、その子リアン。英語とフランス語で「絆」の意味だ。帰郷に「人間以上に、はしゃいでいる」。主人の言葉に、親子はしっぽを振って応えていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by