東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

白のじゅうたん風に揺れ 筑西でソバの花見ごろ

ソバ畑では一面に白い花が広がっている=筑西市で

写真

 県内有数のソバの産地として知られる筑西市で、ソバの花が見ごろを迎えている。ソバ畑では一面に、白いかれんな花が、じゅうたんのように広がり、風に揺れている。花は十月上旬まで楽しめる。

 JA北つくばによると、市内でもソバの生産が盛んなのは、市南部の関城地区。県産ブランドの「常陸秋そば」が栽培されている。

 昨年の統計で、市内では栽培面積が二百ヘクタールで出荷量は八十トンに上る。十月下旬から十一月上旬に収穫作業があり、卸業者や周辺のそば店などに出荷される。

 担当者は「早ければ、十一月下旬には、香り高い新そばが楽しめます」と話す。 (原田拓哉)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by