東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

カウントダウンボードの点灯式 茨城国体まで2年

写真

 茨城国体の開会まで二年となった二十八日、県庁二階県民ホールでカウントダウンボードの点灯式が開かれ、残り日数の「730」がともった。

 式典では、水戸市出身のシンガー・ソングライター磯山純さんが歌う茨城国体のイメージソング「そして未来へ」に合わせ、ひたちなか市の「なかや保育園」の園児によるダンスが披露された。

 活躍が期待される空手道の染谷真有美選手らが「結果で、恩返しできるよう頑張ります」などと抱負を語った。大井川和彦知事は「県民の力を借りて成功に導きたい」と意欲を示した。

 国体と、引き続き開かれる全国障害者スポーツ大会は、公開競技などを含め計九十四競技が実施され、全四十四市町村で開催されることになっている。

 カウントダウンボードはこの日、JR水戸駅にも設置された。 

  (鈴木学)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by