東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

「県庁改革に取り組む」 県議会に初登壇 大井川知事が意欲

所信表明演説をする大井川知事=県議会で

写真

 大井川和彦知事が就任してから初めてとなる定例県議会が三日開会し、所信表明演説で「県庁改革に取り組み、県職員の行動指針を新たに策定していく」などと抱負を述べた。

 日本原子力発電東海第二原発(東海村)の再稼働の是非を巡っては「県民の意見を反映できる意思決定のプロセスを検討していきたい」と、これまでの主張を繰り返した。

 新たな観光資源の創造など「新茨城リゾート構想」を策定し、県のブランドの売り込みを図るとした。

 取手市の女子中学生が自殺した問題で設置される、いじめとの関連を調べる調査委員会について、「ご遺族の気持ちに寄り添いながら誠実に調査していく」と語った。 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報