東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

副知事に小野寺氏提案 教育長には柴原・茨大教授

 大井川和彦知事は十一日、副知事を退任した山口やちゑさんの後任に小野寺俊教育長(65)を、教育長の後任に茨城大全学教職センターの柴原宏一教授(62)を充てる人事案を県議会に提案した。県議会は同意する見通し。副知事の任期は十一月一日から四年間。

 小野寺教育長は一九七五年、常陸太田県税事務所に入り、財政課長兼行財政改革・地方分権推進室次長、総務部長などを歴任。二〇一一年から教育長を務めている。

 柴原教授は、七八年の県立日立商業高校教諭を振り出しに県教育庁高校教育課長、教育次長などを歴任した。 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報