東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

2市長選もあす

争点となっている市民交流館の建設予定地=鉾田市で

写真

<鉾田市>市議補選も

 鉾田市長選は二十二日、投開票される。元市議の小川一彦さん(58)、元衆院議員秘書の田口清則さん(41)、学習塾経営の方波見(かたばみ)和彦さん(51)、元消防署長の岸田一夫さん(61)の無所属新人四人が立候補。総事業費五十億円を投じる「市民交流館」建設の是非や、人口減少対策などを争点に舌戦を繰り広げている。

 市議補選(被選挙数二)も同日、投開票される。新人三人、元職一人の無所属計四人が立候補している。

 午後八時から鉾田南中学校体育館で開票作業は始まるが、衆院選の開票を優先するため、市長選の大勢判明は翌午前二時ごろの見通し。有権者数は四万九百六十一人(十四日現在)。 (酒井健)

<桜川市>

 桜川市長選は二十二日、投開票される。いずれも無所属で、新人の元会社員高橋満さん(72)、新人の元市議榎戸和也さん(65)、再選を目指す現職大塚秀喜さん(56)=公明推薦=が立候補している。

 高橋さんは、公正公平で暮らしやすい街づくりを訴えている。榎戸さんは、現市政をハコモノ行政と批判し、市民目線の市政運営を主張。大塚さんは、人口減に歯止めをかけるため、魅力ある街づくりを掲げる。

 投票は市内二十カ所で午前七時から午後六時まで。午後八時から大和ふれあいセンターで開票作業があり、衆院選の開票を優先するため、大勢判明は深夜にずれ込みそう。有権者数は三万六千九百三十二人(十四日現在)。(原田拓哉)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報