東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

<衆院選>有権者の感想 合流者信用できず/政党実績で/脱原発の流れに向いて

 衆院選で一票を投じた有権者に感想を聞いた。

 常総市、茨城大三年川原涼太郎さん(20) 憲法に自衛隊を明記すべきだと考えているので、自民に投票した。経済面も外交面も、民主党政権より今の方がよい。希望は共感する部分もあったが、主張を変えた民進からの合流者を信用できなかった。

 水戸市、主婦池田照子さん(68) 自民に入れた。自民の幼児教育無償化も含め、聞こえの良い公約が多い。借金が増え国が沈没したら、かえって生活が悪くなる。消費税増税は個人的にはOK。無償化より、必要な親がサービスを利用できる体制にしてほしい。

 水戸市、無職会川英昭さん(75) 経済も大事だが、それより優先することもある。北朝鮮問題や政党の実績で選んだ。安倍政権で経済はある程度は流れに乗ってきた感じはあるので、森友・加計問題のように裏でごちゃごちゃしないで正々堂々とやってほしい。

 水戸市、主婦鈴木真紀さん(49) 東海第二原発は老朽化していて、避難計画も心配。再稼働に反対する候補者に投票した。全国的にも、脱原発の流れに向いていってほしい。国の人材育成のためにも、教育や子育て支援を充実させてほしい。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報