東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

農作物の推計被害 18品目1億8700万円

 二十三日に県内を通過した台風21号の影響で農作物の被害が相次ぎ、県は二十四日、推計被害額は十八品目で約一億八千七百万円に上ると発表した。

 県が二十三日午後六時現在でまとめた主な被害は、ネギ(つくば市、水戸市など十六市町)が約九千八百万円、ソバ(下妻市、五霞町など十二市町)が約千二百万円、ミニトマト(神栖市)が千四百万円など。このほかハクサイ、サニーレタス、大豆など被害は広範囲にわたり、被害面積は計二十六市町で七百七十三ヘクタールに上っている。

 また、ハウスの損壊などで鉾田市や八千代町などで五百三十万円。

 水産業でも日立市やひたちなか市などで漁船の損壊などで七十万円の被害が出ている。

  (鈴木学)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報