東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

「つくばナンバー」のデザイン選んで 13市町が住民アンケート

 つくば市などの十三市町は、図柄入り自動車用ナンバープレート「つくばナンバー」のデザイン三案を発表した。実施中の住民アンケートで十一月中にデザインを決め、来年十月の交付開始を目指す。

 三つの案は、いずれも筑波山が描かれ、うち二案には対象自治体を示す十三個の星が描かれた。A案は、青空を背景にした筑波山のデザイン。B案は、古くから筑波山が「紫峰(しほう)」と呼ばれたことにちなみ、山並みが紫色になっている。C案は、筑波山頂付近に太陽が昇る「ダイヤモンド筑波」が表現された。

 住民アンケートは、各市町のホームページで受け付ける。十一月からはアンケート用紙を市役所などで配布、回収する。

 対象自治体は、古河市、結城市、下妻市、常総市、つくば市、守谷市、筑西市、坂東市、桜川市、つくばみらい市、八千代町、五霞町、境町。 (宮本隆康)

【A案】青空背景に

写真

【B案】山並みが紫

写真

【C案】山頂に太陽

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報