東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

東海第二原発再稼働で知事 「県が独自に検証」

 日本原子力発電(原電)が東海第二原発(東海村)の運転延長を原子力規制委員会に申請する期限が二十八日に迫る中、大井川和彦知事は二日の定例会見で、「まだ原電から具体的な状況を聞いていないが、動きがあれば、県の原子力安全対策委員会を通じ、独自の(安全性の)検証を進めていく」と述べた。

 東海第二は、新規制基準に基づく審査が終了。規制委は近く事実上の「適合」に当たる審査書案の取りまとめに入る。再稼働の重要な要件の知事の同意が注目になるが、大井川知事は「(再稼働の是非は)広域避難計画を含めた安全性や県民の民意を総合的に判断する。新規制基準への適合イコール再稼働ということにはならない」と語った。 (酒井健)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報