東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

県立歴史館庭園 イチョウをライトアップ

黄金色に輝くイチョウ並木=水戸市で

写真

 県立歴史館(水戸市)の庭園で、イチョウの黄葉が見頃を迎え、10日からライトアップが始まった。13日まで、毎日午後5時15分〜8時15分に実施する。

 同館によると、黄葉は例年より7日ほどはやい。黄金色に染まったイチョウの巨木約60本に、黄色い光を当てて、幻想的な空間を作り出している。

 ライトアップは、館で開催中の「いちょうまつり」の一環で、2014年から始まった。まつりは23日まで。

 園内にあり、イチョウ並木近くの旧水海道小学校の本館では、11日午後6時、12日午後5時15分から、映像を投影するプロジェクションマッピングも披露され、まつりに花を添える。 (山下葉月)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報