東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

「筑西遊湯館」来館者300万人達成 記念品を贈り祝う

須藤茂市長(右から2人目)から花束を受け取った渡辺マサ子さん=筑西市で

写真

 筑西市の健康増進施設「筑西遊湯館」の来館者数が、三百万人に達した。

 十三日にセレモニーがあり、三百万人目と前後の二人に、運営する筑西広域市町村圏事務組合(筑西、結城、桜川市)の管理者の須藤茂・筑西市長から、記念品が贈られた。

 筑西遊湯館は二〇〇三年四月に開業。近くのごみ処理施設「環境センター」の余熱を利用して入浴施設、温水プール、トレーニング室などが整備されている。年間の来館者は、二十万人ほどで推移している。

 三百万人目となった栃木県小山市の主婦渡辺マサ子さん(74)は「健康維持のため、毎日のように通ってサウナを利用しています。三百万人目なんてほんとうにびっくりです」と驚いた様子だった。

 須藤市長は「これからも、小さい子どもからお年寄りまで楽しめる施設にしていけるようにしたい」と話した。 (原田拓哉)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報