東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

県内外12店 こだわりの味 水戸でラーメンまつり

多くのラーメン店の前で、行列ができた=水戸市で

写真

 県内外のラーメンの名店の味を楽しめるイベント「水戸のラーメンまつり」が、水戸市の千波湖さくら広場で開かれている。二十六日まで。

 イベントを主催する実行委員会によると、今年で三回目。東日本大震災後に、街を活性化する起爆剤にしようと企画した。

 今年は、東京や静岡などの六店と、県内の古河市、つくば市、大洗町などから六店の計十二店が出店。濃厚な豚骨味や、さっぱりしたしょうゆ味、「東京スタイル」を看板にしたみそ味など、こだわりのスープを食べ比べられる。

 実行委員会の担当者は「県内はラーメン店の激戦区でもある。ぜひ来場して、楽しんでもらいたい」とPRした。

 ラーメン一杯六百円。並ばずに、注文できる特別チケットもある。売り上げの一部を障害者支援の寄付に充てるという。各日午前十時スタートで、ラストオーダーは午後六時半(二十六日は午後四時半)となっている。 (荒井六貴)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報