東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

「総選挙」で決定 水戸のうまい店 商議所が「水戸ュラン2017」

居酒屋が並ぶ水戸駅近くの宮下銀座

写真

 水戸市の中心市街地で、おいしいものが食べられるお店を広く知ってもらおうと、水戸商工会議所は約600店舗を対象に投票でグランプリを決める企画を始めた。世界的に知られるレストラン格付け本「ミシュランガイド」に引っ掛けて「水戸ュラン(みとゅらん)2017〜あなたが選ぶ水戸まちなかグルメ店大賞〜」と名付けた。 (山下葉月)

 投票対象は、JR水戸駅から繁華街の大工町周辺までで営業するレストランや居酒屋、菓子店、パン店など。広域展開するチェーン店やフランチャイズ店は対象外となる。

 投票締め切りは十二月十七日。一人三票までで、同一店舗への複数投票は無効となる。この「総選挙」により、まちなかグルメのトップ3を決める。

水戸観光案内所などに設置されている投票箱=いずれも水戸市で

写真

 来年一月下旬ごろ、もっとも得票数の多かった店舗を「大賞」、二、三位を「準大賞」に選んで発表する。

 ミシュランガイドは、東京や横浜・川崎・湘南、関西など地域別で出版されているが、水戸を含んだ地域はまだない。商議所は今後も事業を継続し、将来的には大賞・準大賞を受けた店舗を紹介する独自のマップ作成も視野に入れている。

 市内では二〇一九年の茨城国体の会場となる新体育館が整備されるなどしており、今後はさらに多くの人が訪れると見込まれる。商議所の担当者は「水戸を訪れた人に、地元住民が選んだよい店をたくさん使ってほしい」と期待している。

 京成百貨店など市内三カ所に投票箱を設置するほか、郵送や商議所のホームページ上でネット投票もできる。問い合わせは商議所=電029(224)3315=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報