東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

税滞納 個人情報漏らす 地方税法違反罪 八千代町長を在宅起訴

 第三者に他人の税金滞納情報を漏らしたとして、水戸地検は十三日、地方税法違反(秘密漏えい)の罪で八千代町の大久保司町長(80)を在宅起訴した。

 起訴状などによると、二〇一四年十二月十八日、町内の自宅で、一五年一月投開票の町長選の対立候補だった男性(69)が「税金を二百数十万円滞納している」と第三者に漏らしたとされる。

 町長選では、大久保町長が五選を果たした。男性は落選後、町議選で当選した。

 関係者によると、今年二月に男性が告訴状を地検に提出。町長について「選挙を有利に展開するよう狙って情報漏えいした」などと主張したという。男性は町議会で町長の情報漏えいを追及したが、町長は否定する答弁を繰り返した。

 町長は町議や農協理事長などを経て一九九九年の町長選で初当選。現在五期目。十三日、「個人情報の漏えいはないと認識している」とのコメントを出した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報