東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

ハーブで正月飾り 県植物園で教室 仕上がりモダンに

ひと味変わった正月飾り作りに取り組む参加者ら=那珂市の県植物園で

写真

 ハーブを使った正月飾りの教室が十六日、那珂市の県植物園で開かれた。午前午後の二回の開催で計約四十人が参加。ハーブ教室を主宰する鹿志村恵美子さんの指導で、華やかで香り豊かな正月飾りづくりを楽しんだ。

 ラベンダーやレモングラスパウダーなどを混ぜた香りを和紙で閉じ込めたコルクボードに、参加者らは思い思いに紙の扇や稲穂、水引、リボンなどをあしらい、ひと味違った正月飾りが完成。十二カ月の幸せを願ってユズやヒノキなど十二種の香りスプレーもふりかけ、会場はさわやかな匂いと迎春ムードに包まれた。

 「モダンでいい感じ」と、ひたちなか市の川崎加代子さん(70)。「いい香りで気持ちよく新年を迎えられそう」と満足げだった。 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報