東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

県内の新成人、116人減の2万9507人

 本年度の県内の新成人(一九九七年四月二日〜九八年四月一日生まれ)は二万九千五百七人で、前年に比べ百十六人減り、過去十年間で二番目に少ない人数となることが、県のまとめで分かった。

 男女別では、男性が一万五千百八十五人、女性が一万四千三百二十二人になっている。市町村別で、最も多いのはつくば市で二千七百七十四人。水戸市が二千七百二十五人、日立市が千八百五十九人で続いている。少ないのは、順に河内町の七十七人、五霞町の八十一人、利根町の百十九人となっている。

 成人式の式典は、「成人の日」の八日に先立ち、前々日の六日に那珂市など五市村、前日の七日に水戸市など三十九市町村が開催を予定している。 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報