東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

県庁で知事「失敗を恐れず前へ」

大井川知事のあいさつを聞く県職員ら=県庁で

写真

 大井川和彦知事は就任後、初めての新年を迎えた。県庁の仕事始め式の年頭のあいさつで、課長級以上の職員約三百人を前に「今年は、私の知事としての政策を形にする最初の年。失敗を恐れず、皆さんと一緒に前に進みたい」と呼び掛けた。

 政策を立てるに当たっては県民のためという軸をぶれずに、他の都道府県との横並び意識をなくすよう求めた上で、「私が、ひるむくらいのアイデアをバンバン出してほしい」と檄(げき)を飛ばした。また、選択と集中を進め、事業の効果をきちんと検証していくとした。

 九月をめどに総合計画を策定する今年。世界湖沼会議や国体、五輪なども控える中、それらに合った組織や人事の見直しにも言及。「今までと違った人材登用、今までと違った人事評価を、政策を実現するためにやっていこうと思う」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報