東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

伝統の技、新春彩る 龍ケ崎で消防出初め式

出初め式で披露されたはしご乗り=龍ケ崎市で

写真

 龍ケ崎市の新春を彩る消防出初め式が六日、市内であり、ねじり鉢巻きに法被姿のとび職が、江戸時代の町火消しを思わせるはしご乗りの妙技を披露した。

 青空の下、木やり歌にのって登場した龍ケ崎鳶(とび)職組合「若鳶会」の会員が、高さ約六・五メートルのはしごの上で「腹亀(はらがめ)」「遠見(とおみ)」など伝統の技を繰り広げ、見物人の喝采を浴びていた。

 会場では、市内各消防団のポンプ車や稲敷消防本部のスーパーレスキュー車、化学消防車などが集結。式典後、約四十台が市内をパレードした。 (坂入基之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報