東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

つくば駅前の商業ビル「クレオ」 市の公共施設入居へ

すべての店舗が閉店になる「クレオ」=つくば市で

写真

 つくば市の「西武筑波店」が撤退したつくば駅前の商業施設「クレオ」を巡り、五十嵐立青市長は十一日の定例会見で、市の公共施設を入居させる方向で検討していることを明らかにした。

 クレオでは昨年二月に西武が撤退したほか、「イオンつくば駅前店」や入居する八店舗が今月末で閉店を予定している。

 これで、ビル内の全店舗が閉店となるが、後継テナントの誘致は難航し、つくば駅前の空洞化が懸念されている。

 五十嵐市長は、クレオについて「今の市政の最優先事項。行政内部で集中して取り組み、ビルのすべて、または一部を買うか借りるか、可能性とメリット、デメリットを検討している」と話した。(宮本隆康)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報