東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

「覚悟で訴えた。すごいこと」 別の元メンバーが擁護ツイート

 「あの子の言ってることはうそじゃない。私はあの子すごいと思います。自分は何も言えずに活動を終わらせてしまったから」

 水戸ご当地アイドル(仮)の活動休止のきっかけをつくった形のうめさんが、一部ファンの批判にさらされる中、擁護のツイートを投稿した元メンバーがいる。

 グループ在籍時、「だいず」の芸名で活動し、別のグループに移ったモズク・サンさんだ。

 モズク・サンさんによると、自身は直接的なセクハラなどに遭ったことはなかったが、メンバーの体形などについて運営責任者の男性から「たびたび悪口を聞かされてきた」という。

 うめさんに対しては「今後アイドルをできなくなるかもしれないのに、それを覚悟で被害を訴え出たのはすごいこと」と案じ、「ここまでつらい思いをしていたのだと分かり、見ていられなくなった」と、ツイートの理由を語った。

 一方で「グループ自体は県に必要な存在になってきていると思う。復活してほしいけど、運営が変わらない限り、難しいかもしれない」と、複雑な胸の内を明かした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報