東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

観光大使に高崎選手 八千代町出身Jリーガー

観光大使に就任し、町のイメージキャラクター「八菜丸」と並んで笑顔を見せる高崎選手(右)=八千代町で

写真

 八千代町は、地元出身のJリーガーで、鹿島アントラーズや水戸ホーリーホックにも在籍した高崎寛之選手(31)を観光大使に任命した。五日の任命式で高崎選手は「自分の持っている人脈やSNS(会員制交流サイト)を生かし、もっともっと町を知ってもらえるようにしたい」と語った。

 高崎選手は県立古河三高から駒沢大に進み、二〇〇八年に浦和レッズに入団。その後、ホーリーホックやアントラーズなどを経て、一六年三月からはJ2の松本山雅でプレーする。一八八センチの長身ストライカーで、一七年は自己最多タイの十九得点を挙げた。

 任期は三月末までだが、特段の事情がなければ四月以降も継続になるという。高崎選手は「はたから見れば小さい町だが、メロンや白菜が有名で、アピールできることはある。少しでも力になれたら」と話し、多くのフォロワーを抱えるツイッターなどで情報を発信していく考えだ。

 町の観光大使は、地元出身のお笑いタレント一番星さんと、兵庫県出身ながら「メロンアイドル」として町との縁が深い山口めろんさんの二人が任命されている。 (越田普之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報