東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

創業150周年の県内企業は39社

 今年が明治維新から150年に当たることから、帝国データバンク水戸支店が1868(慶応4/明治元)年創業の150周年の県内企業を調べたところ、日本酒「稲里」で知られる磯蔵酒造(笠間市)など39社あったと発表した。

 水戸支店によると、1918(大正7)年創業の100周年の企業は、ゼネコンの鈴縫工業(日立市)など25社。帝国データバンクのデータベースで、2018年に「周年」を迎える企業を創業から10年ごとの刻みで集計。周年を迎える県内企業は2758社あった。このほか水戸京成百貨店(水戸市)、石油卸の関彰商事(筑西市)が110周年、めん類製造のヤマダイ(八千代町)は70周年となる。

 周年別の企業数では、50周年が543社で最も多く、デジタルカメラ用レンズなどを製造する富士フイルムオプティクス(常陸大宮市)など。30周年が508社、40周年が498社で続く。

 業種別では、100周年は製造業、50周年は建設業が最多。

 本社所在地の市町村別では、100周年は水戸、土浦両市が4社でトップ、50周年は水戸市が45社で最も多い。 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報