東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

スマホのGPS位置情報 登山道修正に活用へ

 つくば市の国土地理院は、登山者のスマートフォンの位置情報を地形図の登山道修正に利用しようと、登山者向けのスマホ用アプリを提供する二社と協定を締結した。登山者が実際に歩いた道筋を集めた「ビッグデータ」の提供を受け、地形図に反映することで「遭難を防ぎ、安全で安心な登山に役立てたい」としている。

 二社は、いずれも登山者同士が情報を共有するアプリを提供し、会員数約三十万人の「ヤマレコ」(長野県松本市)と約五十万人の「ヤマップ」(福岡市)。衛星利用測位システム(GPS)による登山経路の記録を個人情報に配慮しながら、国土地理院に提供する。

 国土地理院によると、登山道は土砂崩れなどの影響を受けやすい一方、現地調査に時間がかかるため、最新のデータを反映しにくく、既にない登山道が地形図に表示されたままになることがあった。国土地理院は、次の登山シーズンの夏を目標に、日本百名山など主要な登山スポットから順次修正する。

 昨年十二月に開かれた締結式には、国土地理院の村上広史院長、ヤマレコの的場一峰社長、ヤマップの春山慶彦社長が出席。村上院長は「東京五輪・パラリンピックに向け、国内はもちろん海外からの観光客が、一層安全・安心に登山を楽しめるようにしたい」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報