東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

鉾田−茨城空港北が開通 東関道 水戸駅まで約35分に

鉾田IC付近から「通り初め」をして開通を祝う関係者=鉾田市で

写真

 東関東自動車道の鉾田インターチェンジ(IC)−茨城空港北ICの八・八キロの区間が三日、開通した。

 NEXCO(ネクスコ)東日本によると、鉾田市からJR水戸駅までの所要時間が、現在の四十二分から七分程度短縮される。また、水戸医療センター(水戸市)への所要時間も現在の約半分の十九分になり、地域医療にも大きなメリットがあるとしている。

 鉾田IC近くの本線上で大井川和彦知事ら関係者が出席して記念式典が開かれ、テープカットや車で通行して開通を祝った。

 式典後、記者団の取材に応じた石井啓一国土交通相は、残る鉾田ICから潮来ICまでの三〇・九キロの開通時期ついて「早期を目指す」と述べるにとどめた。また、暫定二車線での開通について「利用状況を踏まえ、四車線化を判断していきたい」と語った。 (越田普之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報