東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

花と食、イベント楽しんで 県庁 つくば観光大使が「梅まつり」PR

写真

 つくば市の筑波山で開かれる「第四十五回筑波山梅まつり」(十四日〜三月二十一日)を前に、小村悦子さん(37)ら「つくば観光大使」六人が六日、県庁を訪れ、「花と一緒に、多彩な食やイベントも楽しんで」とPRした=写真。

 標高二百五十メートルほどにある梅林には約三十種、千本の梅があり、筑波石の巨岩とのコントラストなどが魅力だ。寒波のため開花は遅れているが、三月上旬には見頃を迎えそうだという。

 観光大使は毎週土・日曜日、梅柄の振り袖姿で、会場を訪れる見物客をもてなす。市内の飲食店では、梅を使った期間限定メニューの販売もある。 (酒井健)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】