東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

笠間場所「地元力士ら見に来て」 大鳴戸親方、県庁でPR

笠間場所をPRする大鳴戸親方=県庁で

写真

 大相撲の地方巡業の笠間場所が四月二十五日に、笠間市民体育館で開かれるのを前に、日本相撲協会の大鳴戸親方(元大関出島)が十三日、県庁を訪れ、「力士と身近に触れ合えるのが地方巡業の醍醐味(だいごみ)。地元力士や伸びている若手力士を見に来てほしい」と来場を呼び掛けた。

 気になるのが、「茨城の宝であり日本の宝」と評する稀勢の里の状況。「今はけがを治してほしい。巡業は大事な事業なので来るはずです」と、期待を込めて語った。

 当日は相撲の禁じ手を面白おかしく紹介する初切(しょっきり)なども予定。収容数は約三千人。まだチケットはあるという。問い合わせは実行委員会=電0296(73)4253=へ。 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報