東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

「カナガシラのみそ漬け焼き」 インスタ連動第1弾 #茨城おべん

写真

 赤い体をした魚「カナガシラ」は、その名の通り頭が固い骨で覆われている。県全域の水深150メートル程度の海に生息し、体長は20センチ程度。白身魚でぷりぷりした食感が持ち味だ。

 県水産試験場によると、主流は底引き網漁。宮城、福島、本県の海で年々漁獲が増加し、ここ数年は年間漁獲量が約20トン。スーパーで並ぶようになり、家庭でも身近な存在になりつつある。

 今回は、那珂湊おさかな市場(ひたちなか市)で購入したカナガシラを調理。みそ、酒、みりんを合わせ、1晩漬け込んで焼いた。背びれなどに小さなとげがあり、3枚におろす時は要注意。その他のメニューは以下の通り。

 城里町産わさび菜入り卵焼き▽県産レンコンの煮物▽塩ゆで県産カリフラワー▽大子町産コシヒカリの日の丸ごはん

 ◆ 

 東京新聞水戸支局は週に1回、写真投稿アプリ「インスタグラム」との連動企画を掲載しています。QRコードをかざすか「@tokyoshinbunmito」で検索できます。 (山下葉月)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報