東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

ホテル誘致に税投入 あらためて中止表明 大部・高萩市長が初会見

 高萩市の大部勝規市長は五日、就任後初めての記者会見を開き、JR高萩駅前へのホテル誘致に対する税金投入と道の駅整備構想を、いずれも中止すると表明した。二月の市長選の際に掲げていた公約で、市によると、いずれも違約金などは発生しないという。

 市内が三十キロ圏に入る東海村の日本原子力発電東海第二原発については、市長選前の記者会見では「再稼働がいいとは思わない」と反対の姿勢を示していたが、この日は「頭を整理したい。今日の段階では言えない」と明言を避けた。

 市長就任から間もないことから、九日から市議会に提案する二〇一八年度当初予算案は暫定で、五月の臨時議会で本予算を提案する予定だという。 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報