東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

第2回県北芸術祭 大井川知事「延期含め考える」

 常陸太田市など県北の六市町を舞台にした第二回の県北芸術祭について、大井川和彦知事は、開催予定の二〇一九年秋を延期する可能性があることを明らかにした。

 大井川知事は二月の記者会見で、「一過性で終わらせないためにどうしていくか、在り方を見直している。延期も含めて考えている」と述べた。

 県の県北振興課によると、前回は行政主導だったが「地元からの盛り上がりが必要では」との反省からの見直しという。一八年度当初予算案では、県北地域に滞在し、創作に励む芸術家の支援などに三千五百万円を盛り込んでいる。

 県北芸術祭は、急速に過疎化が進む県北地域の活性化を目的にした現代アートイベントで、一六年秋に開催。国内外の作家が約百点を展示し、七十七万人あまりが訪れた。

 県などの実行委員会が昨年、茨城国体が開催される一九年秋に二回目の開催を決めていた。 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報