東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

大規模引っ越しが県庁で始まる 業者に断られ自力

引っ越しのため、うずたかく積まれた段ボール=県庁で

写真

 新年度を前に、県庁で三十日、異例の大規模な引っ越しが始まった。引っ越し業者が人手不足などを理由に断られ、職員が自力で荷物を運んだ。

 大井川和彦知事の就任後、初めての大規模組織改編で、営業戦略部の新設をはじめ多くの部署の名称や場所が変更。二十五階の庁舎で対象は十七フロアにも及ぶ。現県庁に移転した一九九九年以来の規模という。

 二十、三十代中心の延べ二百八十八人が三十、三十一日、段ボールや机などを運び、新しい課などで荷ほどきされる。使用予定の段ボールは約一万五千個。三十日は就業時間が終わると早速、作業が始まった。 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報