東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

島田さん 無投票4選 小美玉市長選「健康づくりを発信」

無投票での4選を祝い、市特産のヨーグルトで乾杯する島田さん(左)=小美玉市で

写真

 小美玉市長選が一日告示され、無所属現職の島田穣一さん(73)のほかに立候補の届け出がなく、無投票での四選が決まった。島田さんの無投票当選は、二〇一四年の前回、一〇年の前々回に続き三回連続となる。

 午後五時に届け出が締め切られて四選が決まると、市内の選挙事務所前では大きな拍手に包まれた。

 島田さんは、集まった支持者らに「合併によって誕生した新市の均衡ある発展を進めてきたことが、多くの市民の信任を得たのだと思う」と無投票当選を受け止めた。四期目へ「住んでみたい、住み続けたいと思える町にしていく」と決意を語った。

 酪農が盛んな市では、国内で初となる「ヨーグルトサミット」を十月に開く。ご当地ヨーグルトを製造している県内外の自治体が参加を表明しており、「産業の活性化や健康づくりを小美玉から発信する」と意気込みを語った。

 島田さんは旧美野里町議から町長に転じ、四期務めた。〇六年四月、合併に伴う市長選で初当選。今回、公約として、若者の定住促進に向けたプロモーション強化や常磐道と茨城空港を結ぶ直結道路の早期整備などを掲げていた。(越田普之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報