東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

小泉元首相 「原発ゼロ」水戸で講演

 小泉純一郎元首相は十四日、「原発ゼロ」をテーマに水戸市で講演し、東海村の東海第二原発を運営する日本原子力発電(原電)への資金支援を表明した東京電力を「自社に賠償や廃炉の金もないのに、他社を支援するなんて常識的に考えられない」と批判した。

 小泉元首相は「原発三十キロ圏の自治体は避難計画の策定義務を負わされるだけで、電力会社は(村の近隣五市に再稼働の)了解を取ろうともしなかった」と力説。東海第二から三十キロ圏の水戸など五市が先月、立地自治体の東海村と同等の「事前了解権」を得たのは、当然との認識を示した。

 講演後の報道陣の取材に「原発はゼロにするべきだ。東海第二の再稼働なんてとんでもない」と強調。東電から原電への資金支援を国会で容認した世耕弘成経済産業相を「何を考えているのか」と非難した。 (越田普之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報