東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

「G7より大規模会議に」 19年G20閣僚会合 県の推進本部発足

「G20貿易・デジタル経済大臣会合」に向けて発足した推進本部の初会合=県庁で

写真

 県は二十四日、つくば市で二〇一九年に開かれる二十カ国・地域(G20)首脳会合の「貿易・デジタル経済担当相会合」に向け、県警と合同の推進本部を発足させた。

 本部は知事、副知事、関係部長、県警本部長らで構成。初会合で大井川和彦知事は、貿易とデジタル経済の両分野で「五十人ぐらいの担当大臣が来るかもしれない」と説明。一六年につくば市で開いた先進七カ国(G7)科学技術相会合より大規模な会議になるとの見通しを示した。その上で「会場や宿泊先など、重要な準備をしっかり進めていきたい」と述べた。

 G7に中国やインドなどが加わるG20は、日本では初開催。日程は後日、政府が発表する。 (酒井健)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報